今を生きる大切なひとたちへ


by story-8
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

8/10 測定値

本日の測定値。

RADEX1008使用。




八丈島、晴れ時々曇り。
屋内・コンクリート・2階・窓際・高さ約1.5m

<ガンマ線>
0.03~0.09マイクロシーベルト

<ベータ線>
検出なし







前回の更新日からほぼ変わらぬ数値を示しています。



毎年夏にはお客さんが来たりして、最近更新がサボり
がちなのですが…(~_~;)

数値に大きな変化があった場合には優先して更新したい
と思っています。
[PR]
# by story-8 | 2011-08-11 01:01 | 測定値

海 測定値



7/28。

RADEX1008使用。




八丈島、曇り時々晴れ。
底土どうだまり・砂地・海から7mほど・直置き

<ガンマ線>
0.01~0.09マイクロシーベルト

<ベータ線>
検出なし








正味15分ほど見ていたと思います。

半径1m以内で測定場所を数回変えました。
それぞれ毎時0.01~0.02、0.04~0.06、0.07~0.09
といった具合でした。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-29 02:01 | 測定値

海水浴について


中部大学の武田邦彦さんは海水浴には注意が必要としています。

夏を乗り切る放射線対策


~抜粋~

●太平洋側の海水浴は原則、注意が必要です.特に宮城から三重
までは要注意です.水の測定はある程度、行われていますが、
海底はデータがありません。


●海は特にストロンチウムとプルトニウムが危険ですが、まだ
測定値が出ていません。内部被曝してからでは遅いので。


●怖がることはありませんが、遺伝子の傷は少ないほどよいので、
子ども、若い女性などは特にあまりサボらずに被曝を少なくする
工夫を続けましょう.


●今年1年は3月から4月の被曝があるので、注意すれば来年は
ずっと改善されると思います.

~抜粋終わり~





具体的にどのように注意をしたらいいのかは書かれておらず
海水または海底の汚染の度合いが分かっていないというのが
現状なのだそうです。


武田さんのブログには太平洋側・宮城から三重の間は特に
注意と書いてありますが…
八丈島はどうなんでしょう。。




これとは別の記事に、

「原発から出た汚染水が黒潮にのって遠くへ行ってくれたら…と
思っていたがそう甘くはなかった」

と書いてあったのを読んだので、リンクを貼ろうと今探したの
ですが見つからず…

多分タイトルと関係なくついでという感じで書いてあったと
思うんですが(~_~;)



黒潮には反流というものがあるそうで、今太平洋側は注意と
しているのは、放射性物質がその反流にのって太平洋側の
コンブやワカメ等に影響をもたらしているからだそうです。


問題はその反流、あるいはその先の海流が八丈島までつながって
いるのかどうかなのですが、少し調べてみたもののよく分かりま
せんでした(´;ω;`)

わかる方がいたら教えていただけると嬉しく思います。





とりあえずの対応として…
我が家では、毎年夏は保育園を休ませてほぼ毎日海へ行くのですが
今年は少し控えめに、週2~4日程にしようかなと思っています。

これが適当なのかどうかはさっぱり分かりません。



ただ、控えれば控えた分、より安全という事だけは言えると思います。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-27 02:37 | 被曝対策

海での測定値

日にちがあやふやなのですが…

確か今月の23日と25日に海へ行った時の数値です。






7/23。

RADEX1008使用。




八丈島、晴れ。
底土I堤よこ・砂地・海から5mほど・直置き

<ガンマ線>
0.06~0.11マイクロシーベルト

<ベータ線>
検出なし



 ――――――――――――――――――――――――




7/25。

RADEX1008使用。




八丈島、晴れ。
底土どうだまり・砂地・海から5mほど・直置き

<ガンマ線>
0.00~0.09マイクロシーベルト

<ベータ線>
検出なし








どちらも泳いでる間に地べたに置き、海から上がって休む際に
確認した値です。

ともに正味10分程だと思います。


測定場所を数十cmずらしただけで、0.00~0.03の所もあれば
0.06~0.08、0.07~0.09、0.09~0.11の所もあるといった
具合でした。




測定器はジップロックに入れ、屋外等で直置きした際には
新しいものに変えています。

室内のみの使用ではジップロックの上からだいたい毎日拭き、
三日程で新しいものに変えます。



また、測定値には多少の誤差が生じますので数値は
ご参考までにどうぞ。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-27 01:04 | 測定値

7/26 測定値

本日の測定値。

RADEX1008使用。




八丈島、雨のち晴れ。
屋内・コンクリート・2階・窓際・高さ約1.5m

<ガンマ線>
0.04~0.09マイクロシーベルト

<ベータ線>
検出なし






この数日間、数値に変化はありません。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-27 00:25 | 測定値

5/14~7/26 積算量

5/14~7/26までの積算量。

160.36マイクロシーベルト。







前回記載した6/25からの31日間で55.498マイクロシーベルト
増え、毎時平均0.07459マイクロシーベルトになります。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-27 00:20 | 積算量

7/20 測定値

本日の測定値。

RADEX1008使用。




八丈島、台風。
屋内・コンクリート・2階・窓際・高さ約1.5m

<ガンマ線>
0.04~0.09マイクロシーベルト

<ベータ線>
検出なし






台風の影響がではじめたあたりから、少しですが数値も上がりました。
風に舞っているのでしょうか。。

0.06・0.07が比較的多いです。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-21 16:34 | 測定値

家の掃除

以前、空気の取入れ口から屋内に放射性物質が侵入してくる
可能性があるので、心配な方は気をつけた方がよいという
記事を書きましたが…

今この暑さで、部屋の窓を締切ろうとするとクーラーがんがんに
しなければならず、電気代もかかるしあまりおすすめはしません。

原発事故以前に戻そうとすればそこまでする必要があるとは
思いますが、そこまでする数値なのかは分かりませんし
実際、うちは窓全開です。




しかし、被曝においての健康への影響は量が多ければ多いほど
可能性は増し、少なければ少ないほど危険性は低くなります。

なので、この夏の電気代が少々上がろうともそこまでしておき
たいという人がいれば止めようとは思いません。
対策はすればするほど安全になるわけですから。




その場合、まずは家の中の掃除が大前提となります。

だいぶ前(4月)の記事ですが…


生活と原発 09 「自宅クリーン」作業








放射性物質は花粉や黄砂と同じようなものだそうです。
家の中には換気や人の出入りで、すでに外と変わらない、むしろ
家の中の方が可能性が高いと書いてあります。

花粉と同じなので、床や壁も拭き掃除でだいぶ取れるそうです。


また、武田さんのブログには書かれていませんが、中性洗剤
を使うと効果的という話を聞きました。




もし、窓を締切ろうかと考えている方はその前にまず家中の
掃除をしてください。

そうでない方も、3月からそのままになっている場合には
一度一斉掃除をすることをおすすめします。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-16 10:48 | 被曝対策

7/15 測定値

本日の測定値。

RADEX1008使用。




八丈島、晴れ。
屋内・コンクリート・2階・窓際・高さ約1.5m

<ガンマ線>
0.03~0.08マイクロシーベルト

<ベータ線>
検出なし





15日も変わらず低いままでした。
数値は私が確認出来た分のみになります。



外も同じように低いのかなと思い、草取り時についでに計測
してみましたが、外は毎時0.06~0.10マイクロシーベルト
と以前と変わりませんでした。

(駐車場コンクリートとその横の土の部分・地上5cm・共に5分間計測)
[PR]
# by story-8 | 2011-07-16 10:19 | 測定値

注意すべき食材

汚染された牛肉について…中部大学教授の武田邦彦さんのブログです。

牛肉と牛乳について


~抜粋~

牛肉の汚染は私の予想よりかなり早かったのですが、汚染されたと分かった
限りは、出来るだけオーストラリア産の牛肉を求めた方が良いと思います.


牛肉が汚染されているということは福島、関東の牛肉、豚肉、鶏肉、卵は全部、
注意した方が良いでしょう。


代謝速度は、動物の大きさのルートですから、ウシとブタが5倍違うとすると、
ブタの方が2倍速く汚染されることを示しています.

~抜粋終わり~




福島、関東の肉類・卵、また牛乳には注意をした方がいいと書かれています。


牛乳については、福島の乳牛を北海道に移動させた形跡もあるそうなのですが
それでなくても元々複数の産地のものを混合している牛乳というのがあるらしく
個人でメーカーに問い合わせをした結果を公表してくれている方がいます。


電話で聞いてみました 各社の牛乳産地と放射能検査の現状


被曝は少量でも影響はありますので、疑わしいものは避けるのが基本的な
対応策となります。

これでいうと、スーパーに並んだほとんどの牛乳は飲めないということに
なります。





元々うちでは牛乳はほぼ私が飲む分で、子どもたちは1日にコップ1杯飲むか
飲まないかといった具合ですが、なるべく八丈牛乳を飲ませるようにして
います。

八丈牛乳も絶対に汚染されていないとは言い切れませんが、それでも本土の
ものよりは汚染の可能性は低いだろうと思います。

また、品切れの時に仕方なく本土のものを買うときがありますが、なるべく
子どもたちには飲ませないよう、子供用に豆乳(CGC・九州の大豆と記載)
を買ったりしています。



これも産地混合などあった場合には、安心して飲めるものではないという
ことになりますが、メーカーに問い合わせるのが億劫でしておりません(´;ω;`)



いずれにしても今言えることは、福島・関東産の肉、卵、牛乳には注意を
払った方が良いということです。
[PR]
# by story-8 | 2011-07-15 09:03 | 食品について