今を生きる大切なひとたちへ


by story-8
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:被曝対策( 4 )

海水浴について・追記

以前、汚染水による八丈島での海水浴への影響について
八丈島での汚染の度合いはまったくわからないと書きましたが
日記を読んでくれた方から、おそらく大丈夫であろうと気象庁の
サイトを教えていただきました。

私はなぜ見逃したりしたのでしょうかね(´▽`)



気象庁・今年の黒潮の流れ





なるほど、これを見ると全く影響がないように見えます。
武田さんが三重県まで汚染が広がっているので注意と発言
されているのは、もしかすると黒潮の反流ではなく、
黒潮と親潮の混合域(?)によるものなのではないかな~
なんて勝手に思ったりしています。
(このサイトの別のページに混合域について記載があります)



海水への影響は、汚染水の他に大気から海や砂浜等に降り
注いだ物質によるものも考えられますが、こちらは時間も
だいぶ経っていますし、その汚染度はかなり低いものとみて
良いのではないかなと思います。

しかしあくまで私個人の意見なので、これについての判断は
ご自身でされるのが良いと思われます。




大事なのは、あらゆる可能性を考えておく事だと思っています。
[PR]
by story-8 | 2011-08-11 02:02 | 被曝対策

海水浴について


中部大学の武田邦彦さんは海水浴には注意が必要としています。

夏を乗り切る放射線対策


~抜粋~

●太平洋側の海水浴は原則、注意が必要です.特に宮城から三重
までは要注意です.水の測定はある程度、行われていますが、
海底はデータがありません。


●海は特にストロンチウムとプルトニウムが危険ですが、まだ
測定値が出ていません。内部被曝してからでは遅いので。


●怖がることはありませんが、遺伝子の傷は少ないほどよいので、
子ども、若い女性などは特にあまりサボらずに被曝を少なくする
工夫を続けましょう.


●今年1年は3月から4月の被曝があるので、注意すれば来年は
ずっと改善されると思います.

~抜粋終わり~





具体的にどのように注意をしたらいいのかは書かれておらず
海水または海底の汚染の度合いが分かっていないというのが
現状なのだそうです。


武田さんのブログには太平洋側・宮城から三重の間は特に
注意と書いてありますが…
八丈島はどうなんでしょう。。




これとは別の記事に、

「原発から出た汚染水が黒潮にのって遠くへ行ってくれたら…と
思っていたがそう甘くはなかった」

と書いてあったのを読んだので、リンクを貼ろうと今探したの
ですが見つからず…

多分タイトルと関係なくついでという感じで書いてあったと
思うんですが(~_~;)



黒潮には反流というものがあるそうで、今太平洋側は注意と
しているのは、放射性物質がその反流にのって太平洋側の
コンブやワカメ等に影響をもたらしているからだそうです。


問題はその反流、あるいはその先の海流が八丈島までつながって
いるのかどうかなのですが、少し調べてみたもののよく分かりま
せんでした(´;ω;`)

わかる方がいたら教えていただけると嬉しく思います。





とりあえずの対応として…
我が家では、毎年夏は保育園を休ませてほぼ毎日海へ行くのですが
今年は少し控えめに、週2~4日程にしようかなと思っています。

これが適当なのかどうかはさっぱり分かりません。



ただ、控えれば控えた分、より安全という事だけは言えると思います。
[PR]
by story-8 | 2011-07-27 02:37 | 被曝対策

家の掃除

以前、空気の取入れ口から屋内に放射性物質が侵入してくる
可能性があるので、心配な方は気をつけた方がよいという
記事を書きましたが…

今この暑さで、部屋の窓を締切ろうとするとクーラーがんがんに
しなければならず、電気代もかかるしあまりおすすめはしません。

原発事故以前に戻そうとすればそこまでする必要があるとは
思いますが、そこまでする数値なのかは分かりませんし
実際、うちは窓全開です。




しかし、被曝においての健康への影響は量が多ければ多いほど
可能性は増し、少なければ少ないほど危険性は低くなります。

なので、この夏の電気代が少々上がろうともそこまでしておき
たいという人がいれば止めようとは思いません。
対策はすればするほど安全になるわけですから。




その場合、まずは家の中の掃除が大前提となります。

だいぶ前(4月)の記事ですが…


生活と原発 09 「自宅クリーン」作業








放射性物質は花粉や黄砂と同じようなものだそうです。
家の中には換気や人の出入りで、すでに外と変わらない、むしろ
家の中の方が可能性が高いと書いてあります。

花粉と同じなので、床や壁も拭き掃除でだいぶ取れるそうです。


また、武田さんのブログには書かれていませんが、中性洗剤
を使うと効果的という話を聞きました。




もし、窓を締切ろうかと考えている方はその前にまず家中の
掃除をしてください。

そうでない方も、3月からそのままになっている場合には
一度一斉掃除をすることをおすすめします。
[PR]
by story-8 | 2011-07-16 10:48 | 被曝対策

食品の選び方

「京都大学教授 小出裕章 非公式まとめ」
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/24/gendai-jun24/

6月24日 今、日本に安全と言い切れる食べ物は存在しない
小出裕章(現代ビジネス)



「現代ビジネス」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/9547

徹底調査 放射線汚染食「食べてはいけない」
マグロ、カツオ、麦、イモ、大豆・・・政府の言う
「暫定基準値」など、なんの指標にもならない




これでいうと、牛乳の代わりに豆乳を飲むのもあまりよくないのかも
しれない…。





被曝量で大事なのは、なるべく少ない値にすること。


八丈島にはスーパーも少なく、食品の仕入れ先もだいたい限られて
いますので、選ぶ自由はあまりありませんが、なるべく汚染度が
少ないと思われるものを選んだほうが良いのではないかと思います。




ご参考までに…

食品の放射能検査データ
>http://yasaikensa.cloudapp.net/



食品による年齢別の内部被曝ベクレル(Bq)シーベルト(Sv)換算ツール
http://www.mikage.to/radiation/internal_exposure.html


 
[PR]
by story-8 | 2011-06-26 23:55 | 被曝対策