今を生きる大切なひとたちへ


by story-8
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ゼオライト( 2 )

ゼオライトについては賛否両論あるようですが、まずゼオライトの販売者が
逮捕された事件について…

誤解をしている人が多いのですが、例の逮捕の原因は、医学的に証明が
されていないもの(医薬品ではない)を『効果がありますよ』と謳って販売
したこと。

ゼオライトの販売自体が禁止されているわけではありません。



私は兄からゼオライトの存在を教えてもらいました。
重金属を扱う仕事に就く兄は、原発事故前からゼオライトを服用していました。

日本では医学の進歩が遅いため、現段階でその効果は医学的に証明されて
いないようですが、海外ではその効果は認められているそうです。



私がそのことに自信をもって人にすすめるようになったのは、福島第一原発の
汚染水の処理にゼオライトが使われるというニュースを見てからです。

実際の効果の度合いは分かりませんが、たとえ気休めのレベルであっても
やってみる価値はあると、私は思っています。




しかし、製品により粗悪品があることも十分に考えられる為、人にすすめると
いう行為は控えたほうが良いのかもしれないと思い直しました。

実際に私が服用しているものも、絶対に粗悪品でないとは言い切れないので…

また、好転作用という副作用のようなものが出る事も考えられるようです。
これは、体内の毒素が排出されるにあたって、アレルギーの一時的な悪化や
吹出物が出たりする場合があるということです。



また、身体にとって必要な栄養素さえも排出されてしまうのではないかと
疑問を感じる方もいらっしゃるようです。



ご参考までに…私が服用している製品のページです。

http://www.l-trust.jp/index.html




~抜粋~

使用しているゼオライト「クリノプティロライト」の細孔の大きさは3.9~
5.4オングストローム。
だから、体にとって必要な栄養成分が取り除かれる心配がないのです。
(Q&Aページでも、詳しく説明させていただいております。)

※クリノプティロライトとよく比較されるモルデン沸石(モルデナイト)は、
細孔径が6.7~7.0 オングストロームと大きく比較的大きな分子も吸着する
可能性がある為、本製品では、より安全なクリノプティロライトを採用致して
おります。



【安心だといえる理由について】
ゼオライトはミネラルの中でも珍しく非常に高くマイナスにチャージされ
(負電荷)帯電している分子で、ものすごくプラスにチャージされている
(正電荷)物質のみを磁石のように吸い取ります。

体にとって必要な栄養成分のほとんどは、マイナスにチャージされている
という特徴があると共に、分子の大きさはゼオライトの細孔径よりも大きい為、
これらが吸着・除去されることはございません。

カルシウムやカリウムはプラスにチャージされている分子ですが、これらの
分子は、プラスでもチャージの度合いがさほどでもない元素で吸着しにくく、
仮に一度ケージに取り込まれても更に引き寄せる力の強いものと常に入れ
替わる仕組みになっています。

また、カリウムは分子サイズが大きすぎて細孔に入れません。
カルシウムやマグネシウムも体にとって必要ない物質と比べると、分子が
大きくケージ(細孔内)に定着しにくいそうです。ゼオライトの分子構造は
熱にも耐久性が強くガラスの溶解度と同じくらいの熱を与えないと分解しません。

~抜粋終わり~


とのことで、これだとカルシウムとマグネシウムは体内に毒素がなかった場合、
間違えて吸着されてしまう可能性もあるのかもしれませんが、現時点では
私にも家族にも特に栄養不足の症状は見られません。

今、上の子が風邪を引いていますが、夕方の海で2時間程泳いだことと寝冷え
の可能性の方が大きいと思っています。




今後、服用による体調不良が見られたらご報告するつもりでいますが、服用
するか否かまたは製品の選び方については、それぞれの判断にお任せしたいと
思います。
[PR]
by story-8 | 2011-07-13 23:05 | ゼオライト

ゼオライト

うちでは、内部被曝対策にゼオライトというものを使用しています。


色々と調べている方々はすでにご存知かもしれませんが、放射性物質を
吸着しプラスイオンからマイナスイオンに変え無害化…そして体内から
排出する、という「効果が期待」されるというものです。

その効果は医学的に証明されていないため、現時点では「効果がある」
と言い切ってはいけないものであり、もし効果があったとしても目に
見えるものではないので、人によっては気休めとしか思えない方もいる
かなと思いますが…



私は液体のゼオライトを購入し、現在も服用中です。

こどもたちにもしもの事があったら嫌だ…でも、将来出るかどうかが
わからない健康被害に怯えて外で思い切り遊ばせてあげられないのも
嫌だ。


娘たちはまだちいさいので、土や石を口に入れることもあるし、芝生で
思い切り走り回ったり、ころんだり寝転がったり…

そういう子供らしい行為を今までどおりさせてあげたい。



そう思い、効果の過信の可能性もありますが、うちではゼオライトを
服用しつつ、外で今までと同様に遊ばせております。



スーパーでは福島近辺の野菜が多く並び、産地の表示がないものも
ありますし、地産のものだけでは済ませられずにそういった食材を
使う時もあります。

牛乳は八丈牛乳や豆乳を購入していますが、品切れで本土からのものを
買う場合もありますし、そもそも本土と比較して低いというだけで島の
ものも少なからず汚染されているのかもしれない。



そういった状況のなかで、出来る事として私はゼオライトを選びました。

飲み始めてすぐは、3月の分を取り戻そうと、1日2回~3回をきっちり
服用させていましたが、最近は危険かもしれないとは思いつつ1~2日
飲まない時もあります。

ただ、外でたくさん遊んだ時や食材が不安な時などにしっかりと飲ませる
ように気をつけています。



牛乳がこわいのと同じく、母乳にも放射性物質が含まれる可能性がある
ので、子供たちだけでなく母乳をあげているママさんたちにもゼオライト
の服用を検討してもらいたいなと思います。
[PR]
by story-8 | 2011-06-21 01:58 | ゼオライト