今を生きる大切なひとたちへ


by story-8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「流通している食品は大丈夫」は大ウソ


●ベラルーシは1日3万以上の食品サンプルを検査、日本では最も
検査体制が充実している茨城県でも1週間10サンプルが限度


●まるで“底の抜けたザル”:基準値も検査も絶望的


●厚生労働省のデマ冊子『妊娠中の方、小さなお子さんをもつお母
さんの放射線へのご心配にお答えします』に対し、5月に質問。


●産地偽装にご用心

中鬼と大鬼のふたりごと




中鬼さんと大鬼さんのブログ、ひさびさにチェックしました~ww

厚労省配布の「大丈夫」パンフレットは私も気になってたので
回答が知れてよかったです。
ていってもただの無難な回答のようでしたが><。。




彼らのブログによれば、食品の検査は全食品の1%にも
満たないそうです。

未だにゆるい&安全だという根拠のない暫定基準値をも
上回る汚染食材を、こども達が口にしているかもしれない。




この状況を、なぜ「安全」といえるのでしょう。




放射線による人体への影響は現時点では因果関係が
明確に分かっていることが少ないのです。

まだまだ研究の段階。




「安全」か「危険」か、誰にも言い切れない。
[PR]
by story-8 | 2012-06-29 00:55 | 食品について